ブログ

どろんこあそび開始! その3
こちらは、つぼみ組さんの様子です。いい笑顔でした!
「おみず、ちょうだい!」
「ここにいれてね!」
「おりょうりしてるの!」
「おみずにぬれちゃった!」
2019/06/14
どろんこあそび開始! その2
こちらは、わかば・こゆき組さんの様子です。お水と仲良くして楽しそうでした。
お口が…
おててに…
ぐ~んと手を伸ばして…
ゥワ~イ!
夢中…ですね!
ちょっと、ひとやすみ!
2019/06/14
どろんこあそび開始! その1
園庭でのどろんこ遊びが始まりました!泥んこ着に着替えて、裸足で元気に園庭に飛び出していく子、まだ裸足に慣れずに一歩一歩おどおどとした足元の子…これから夏を迎えます。砂・泥・水・太陽…楽しみましょうね!
園庭にみんな出てきましたよ!
気温が上がり、水が恋しい日になりました。
「お水、ながすよー!」
お水をくんで…
「ながれた、ながれたー!」
「えい!すわっちゃえ!」
2019/06/14
地引網体験 その5
その場で網焼きが始まりました。獲れたての魚やエビを漁師さんたちが焼いて食べさせてくれました。そのおいしいこと!

子どもたちの中にはエビを丸かじりする子も!メギスの骨も上手にとって食べていましたよ!筒石保育園さんと川崎保育園さんのお友だちと一緒に、海の幸をいただきました。

めったにできない体験にお声をかけてくださった筒石漁協の漁師さんたち、磯部小学校のみなさん、筒石地区の皆さん、大変ありがとうございました。この体験は、海の風景、汐の香り、カモメの鳴き声、お魚の焼けるにおい…と共に子どもたちの心の中に残っていくと思います。
漁師さんたち、ありがとう!
すごく、おいしい!
おさかなおいしいね!
エビも食べてみよう!
たくさん食べたよ!
他の保育園さんと一緒に
2019/06/14
地引網体験 その4
地引網体験の後は、筒石漁協に向かいました。筒石地区の町並みは『糸魚川ジオパーク』の中の『筒石・浜徳合ジオサイト』に含まれています。3階建ての高い家が多く、家と家がくっつき合い、壁を共有しているような特徴ある風景です。子どもたちは漁協に向かい、そんな風景が珍しく楽しみながら歩きました。

漁協では、漁師さんと一緒に包丁を持って、朝獲れたてのメギスをさばくことを一人ずつ体験させてもらいました。思わず、抑える手を、野菜を切る時のように猫の手に丸める子がいて、微笑ましい場面もありました。
筒石・浜徳合ジオサイトの町並みを歩いて漁協へ
獲れたて新鮮な魚
漁師さんの手元をじっと見て…
「ぼくもできるかな?」
やってみよう!
「包丁をしっかり持って」
2019/06/14
地引網体験 その3
子どもたちもお魚を触らせてもらいましたよ!獲れた多くは『シロギス』だそうです。獲れたての魚の感触はどうかな?

子どもたちがにぎやかに魚を取り囲んでいる時、後ろでは漁師さんたちが何十人もで網の後片付けをしてくださっていました。仕掛けてから撤収まで大変な作業です。子どもたちに貴重な体験をさせてくださって、ありがたい思いがしました。
おさかなに触ってみたよ!
見て~!
逃げちゃいそう!
これは何て魚かな?
持てたよ!
漁師さんたち、ありがとうございます!
2019/06/13
地引網体験 その2
しばらくして、網が上がったようです。さあ、お魚は獲れたかな?子どもたちはワクワク…海に向かって走り出していきました。この時、やっと網で魚を獲るということが理解できたようでした。
さあ、お魚獲れているかな?
見に行ってみよう!
わ~い!
網が上がりました。
お魚だ!
すごいね!
2019/06/13
地引網体験 その1
磯部小学校さんからのお誘いで、筒石の海岸で地引網を今年も体験させていただきました。磯部地区の漁師さんを中心に、元漁師のおじいちゃん、おばあちゃん方も、地域の方々が総出で参加されていて…その仲間入りをさせていただいたというものです。能生保育園の子どもたちは、地引網をしたことがないばかりか、見たこともない子ばかりです。浜辺に到着して、すぐに

「こっち並んでー!」

「綱を持って!ひっぱってー!」と言われ、どっちを向いて引いてよいのかわからず…とにかく両手で綱を持ち、胸の前で左右に振っているような感じでした。(笑)
「ひっぱるよー!」
反対側の綱 2本の綱で網を引きます。
「ヨイショ!ヨイショ!」
「おばあちゃんには負けないぞ!」
向こうの綱には駐在のおまわりさんも…
もう少しだよ!見てごらん!
2019/06/13
初物!
各クラス、テラスや畑でいろいろな野菜を育てています。今日はくるみ組さんがきゅうりを収穫して、みんなで食べていました。初めてのきゅうりの収穫ということで、子どもたちも先生もとてもうれしそうでしたよ!これからまだまだ収穫できそうです!楽しいことですね!
テラスで育てています!
今日の収穫 お味噌をちょっとつけて…
みんなでいただきます!
ポリ ポリ!
おいしい!
うん!おいしいね!
2019/06/13
ゴミサーがやってきた!
『ゴミサー』なんて、テレビのヒーローかな?先週保育園にやって来たんです!

実は…『地球にやさしい』生ごみ処理機のことです。給食の調理中にでる野菜くずや果物の皮、残飯などを入れておくと、バクテリアが働いて、水と炭酸ガスに分解し、消滅処理してくれるのです。今週はじめから稼働しました。中身はもみがらと微生物。自動運転で生ごみと混ざり、翌日には野菜くず等入れたものの姿がすっかり無くなっています。

私たちも、『ゴミサー』に任せきりにしないで、地球にやさしく、自然にやさしく…環境のことを考えて生きていかなければと思います。
ゴミサーです!
中身はもみがらと微生物
今日の野菜くず
中に入れましょう!
自動運転で混ざり合って…
明日には無くなります。
2019/06/13
第一回海洋高校との交流会 その3
今回初めて園児と高校生が一緒にお散歩してみました。高校生は子どもたちの歩調に合わせてゆったりと歩いてくれました。いろいろおしゃべりできたようですよ。一緒に手をつないで歩くという時間は、親子であっても友だち同士でも良いものですね。子どもたちは、自分の好きなことやキャラクター、持っているおもちゃ、家族のことなどいろいろ高校生におしゃべりしたそうです。景色を見ながら「船が見えるよ!」「弁天岩だ!」「かたつむりいるかな?」「もうすぐ行くとくわいちごあるんだよ!」なども。好きなテレビ番組の歌をうたったり、「わたしのうちに遊びに来ていいよ!」と言われた高校生もいたそうです。(高校生から聞きました。)

ふるさとのきれいな景色を見たり、季節の花に囲まれて、のびのびと交流できました!
「おねえちゃん、てをつなごう!」
あじさいもうれしそう
お別れの時間 「またね!」
「たのしかったね!」
「また一緒にあそぼう!」
すっかり仲良くなって…ちょっとさびしくなってしまいます。
2019/06/12
第一回海洋高校との交流会 その2
ダンスの後は一緒にあじさい園に出かけました。高校生と子どもたちは、お互いに誘いあったり、手をとりあったり…にぎやかにあじさい園へと向かいました。

あじさい園は子どもたちにとってはお庭のようなもので、勝手知ったるあそび場です。まだ少し、あじさいの見ごろには日にちがあるようですが、「こっち、こっち」「おにいちゃん、きてー!」と高校生を誘ってあちこちに行ったり、一緒にかたつむりを探したり、ちょうちょを見つけたりしていました。

ひかり組は、高い丘の上にも高校生を誘って登り、そこから見える日本海や弁天岩の眺めを得意げに教えてあげていました。

「海がきれいだね~」

「こんないい眺めのところがあったんだね~」と、

高校生も、誘ってくれた子どもたちの気持ちに応えるように、言葉をかけてくれていました。
「うみがみえた?」
あじさいも喜んで…
上の方まで行ってみよう!
いい眺め!
「お~い!」「ヤッホー!」
「きれいな海だねー!」
2019/06/12
第一回海洋高校との交流会 その1
早いもので海洋高校の生徒さんとの交流会も、今年度で11年目になりました。毎回子どもたちはとても楽しみにしています。今回は食品科学コースの18名の生徒さんが来園しました。今回のメインの活動は大王あじさい園へのお散歩です!その前にゆうぎ場にて自己紹介やクラス紹介、カエルミッケ、ダンスもありました。最初は少し緊張もあった高校生と子どもたちですが、ダンスに向かって急加速で仲良くなっていきました!
交流会は今年で11年目になりました!
食品科学コースの紹介です。
高校生の膝の上でゆったり…
高校生が考えてくれた遊び『カエルミッケ』
一緒におどるよ~!
ステージ上も下も大盛り上がり!
2019/06/12
感染症講座とまりん組試食会
市の保健師さんを招いての感染症講座とまりん組給食試食会が行われました。感染症講座では、感染症の基礎知識から、嘔吐物の処理の仕方の実演もあり、細かくお話がありました。また保健師さんとひざを交えて、病気に関する日ごろの悩みなどをみなさんで話し合う時間もありました。

その後、給食試食会に移り、お家の方と一緒に給食となりました。お家の方々は、子どもたちが給食をいただく様子がよく見えたことと思います。『好き嫌いをしていないかな?』『お茶碗やお箸の持ち方はどうかな?』『喜んで食べているかな?』など、感じられたことはいくつかあると思います。今後も保育園と保護者さんで協力して子どもたちの食の力を育んでいきましょう!
保健師さんの感染症講座
嘔吐物処理の仕方を実演
細かく注意点を押さえて
保健師さんを交えての座談会
日ごろ病気のことなど思っていることを、話し合いました。
給食試食会
2019/06/10
しなちく作り その2
いろいろ正式な作り方もネットで調べてみましたが…まあ、自己流でとにかく実験の始まりです!細かく切って干したものと冷凍したものではどちらがおいしくできあがるかやってみました。干したものは水で戻して、冷凍したものは解凍して、炒めて味付けしてみました。子どもたちも喜んで口の中に。

「うん、おいしい!」

「しなちくになった!」

「かむとおいしくなる!」

どちらもなかなかの出来栄えです!

あんなに大きなたけのこだったのに…食べられるんだね!

この日の給食はラーメンでしたので、上に載せて本格的中華ラーメンのようにしていただきました。また来年の春、たけのこ堀りが楽しみです!
2019/06/10
しなちく作り その1
ひかり組さんがたけのこ堀りをした時に、とっても大きなたけのこ(たけのことしては育ちすぎて食べられない)も保育園に持って帰ってきました。そのたけのこはどうなったと思いますか?

実は…「しなちくにしてみようか…!」と始まったのです!

さあ、どうなるでしょうか?無事に食べることができるでしょうか?
「これじゃ、育ちすぎてるよね…置いていけば?」
しなちくにしてみようか?!
こんなだけど…ほぼほぼ竹だけど…
まあ、やってみましょう!
細かく切って…
干してみました。
2019/06/10
園庭でいちご狩り その2
「いいにおい!」

「あま~いにおい!」

たった一つの収穫でもだ~い満足!

あっちから、こっちから、いちごをうれしそうにながめてみていましたよ。

きれいに洗ってみんなで食べようね!
「おいしそう!」
「みつけた!」
「ほら、あそこに!」
「どれ、どれ!」
2019/06/07
園庭でいちご狩り その1
園庭の隅に、たたみ1畳分ほどのいちご畑があります。毎年、カラスに狙われたり、いたち?いのしし?にねらわれたり…

とにかくなかなか収穫までには至らないいちご畑です。

「赤くなったよ」

「いちご狩りをしよう!」

先日、なんとか赤くなったいちごがいくつか目立つようになり、みんなで一つずつ収穫することになりました。
「赤くなったよ!」
「ほら!」
「おいしそう!」
「みつけた!」
「ここにもある!」
「ピカピカないちご!」
2019/06/07
保護者バンド 今年度もスタート!
昨年度、創立70周年記念式典アトラクション出演を機会に保護者バンドが発足しました。今年度も新メンバーを加えてスタートです!音楽好きな仲間が自由に集まって楽しそうですよー!興味がある人はのぞいてみてくださいね!
今年度、初めての音合わせ
個人個人で練習してきました!
いろいろな楽器に挑戦しているお父さんも!
楽しそうですね!
2019/06/07
海辺遊び ~ひかり組~
ひかり組さんの海辺遊びの様子です。裸足で水の中に入ることが気持ちいい時期になってきました。この日は気温がぐんぐん上がり、海辺で遊ぶには絶好の日となりました。コンクリートブロックの隙間や石と石の間に目を凝らし、小さな生き物探しに夢中なひかり組さんでした。あめふらしも3匹見つけたのですが、この日の注目は『ひとで』でした。保育園に帰ってから図鑑で調べ、『いとまきひとで』という名前だとわかりました。

「何をたべるかな?」

「かにや貝なんだって!」「図鑑に書いてあるよ」

「え~!さっき、海で貝とったのに、逃がしてきたよ~」

「貝、食べさせたかったな~!」

すると「おにわの小さい川に貝いるよね!」という声が。

みんなで園庭に飛び出して、貝(かわにな)採りが始まりました。ひとでにあげたいという気持ちから、どの子もいっしょうけんめいです!

「さあ、食べるかな?」

水槽の中にかわになを入れて、じっと見つめていたようですが、ひとではなかなか食べる気配はなし…。

「海の貝じゃないからかな~?」

このひとでは海に返すことになりました。自然の中でいろいろな生き物と出会い、調べ、考え、発見している子どもたちです。
「さかながいるね!」
「ひとでだ!」
「貝をとってあげよう!」
「こんなにとったよ!」
「食べてくれるかな?」
「食べないな~残念!」
2019/06/07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
pagetop
[lightbox]